慶應義塾大学には「三田会」というOBOGをとりまとめた同窓会団体があります。地域・業界・ゼミ・スポーツ・趣味 など各種「●●三田会」が存在しています。

詳しくはコチラの記事を参照ください。

慶應義塾が東大・早稲田他と違うのはこの「三田会」という組織の結束力が強いことだと思います。

 

 

そんな中、ベンチャー経営者のご縁で「ベンチャー三田会」の幹事としてお手伝いさせて頂いております。

塾出身のベンチャー経営者・経営陣(上場・非上場)約250名にて構成。ベンチャー企業の最前線で活躍する塾出身の経営者らが、年一回各業界の最前線で活躍する方を講師に迎え、公園・懇親会を行なっております。これまでにも新浪剛(サントリー社長)・星野佳路(星野リゾート社長)など多くの経営者との交流をしています。

参加者には、上場企業の創業者も何十名とおり、毎回刺激的な機会と勉強になるアドバイスをいただく機会となっています。先輩・後輩ということでとてもフランクに接せることができる貴重な機会です!

2017年10月19日に第10回を迎えたベンチャー三田会は記念会として、小泉純一郎氏をゲストとしてお出迎えしました。

一企業のリーダーではなく、世界を代表する日本のリーダーとしてのお話、大変興味深かったです。

 

▼幹事チームでの一枚
芦川・柴田啓(ベンチャーリパブリック・)小泉純一郎・須田将啓 (エニグモ)・菅澤 聡(オーシャナイズ)

 

▼三田ジャーナルにも掲載頂きました